超音波振動切削バリオスVチップシステムとは

近年、手用切削ステンレスファイルに代わる回転切削装置によるNiTiファイルの根管形成法が診療に活用され、根管治療法の効率化に画期的な変化をもたらした。しかし、あくまでも根管拡大操作時能率化を目的としたものであり、拡大に伴う汚物の除去、清掃・洗浄、スミヤ―層の除去などは今までの根管処置とはなんら変わらない。 それに対して超音波振動チップによる根管治療は、根管拡大・形成にとどまらず、アクセスオープニング、根管清掃・洗浄からスミヤ―層除去、根管内異物、汚物除去、ポスト除去、破折ファイルの除去、歯内外科処置などの、多くの歯内処置に活用ができる。最近では、マイクロスコープによる歯内療法には欠かせない装置でもある。今後、超音波振動切削法は歯内療法にはなくてはならない装置として、歯科医師の強い味方となっていくであろう。 まずは、そんな「超音波振動切削バリオスVチップシステム」の流れについてせつめいしております。根管治療を行う上で大切な部分です。